子育てガイド

「知っててよかった!」「使って便利」な役立つ行政サービスがいっぱい。手続きや利用のタイミングを逃さないよう子育てガイドでチェックして、便利な行政サービスを上手に使いこなしましょう。

妊娠中

妊娠初期

3か月
(8〜11週)

医療機関で妊娠の確定診断を受けたら、できるだけ早い時期に保健センターなどの窓口で母子健康手帳を受け取りましょう。その際、妊婦健康診査の受診票も一緒に交付されます。

pic_maternitymarkマタニティマークは、妊産婦にやさしい環境づくりの一環として考えられたもので、母子健康手帳と一緒にお渡ししています。

4か月
(12〜15週)
働いているママは
出産を機に退職するのか、育児休業をとって復帰するのか等、今後の予定も含めて会社に報告を。また出産予定日がはっきりしたら、妊婦健診の予定も伝えておきましょう。

上のお子さんの育児などで手助けが必要な場合は、産前産後家庭サポートファミリー・サポート・センターが利用できます。早めに登録していきましょう。

妊娠中期

5か月
(16〜19週)
里帰り出産を予定しているママは
  1. 出産を予定している病院が決まったらすみやかに分娩予約を。
  2. 安定期に入ったらなるべく早めに帰省しましょう。
  3. 里帰り先で受診した妊婦健診の費用助成出産育児一時金の手続きの仕方も確認。
  4. 出産したら2週間以内に届出を。出生地や滞在先の自治体窓口での提出も可能。

はじめてのパパママ学級に参加し、出産・育児の知識を得ましょう。

安定期に入ったら妊婦歯科健康診査を受けましょう。

6か月
(20〜23週)
7か月
(24〜27週)
育休取得後に職場復帰予定のママは
定期的に利用する教育・保育施設」を参考に、預け先についての知識を増やしたり、「必要に応じて利用できる保育サービス」を参考に、残業時や病気の時の対処についても早めに調べておきましょう。
また、家族や親せき、周囲の人との協力体制についても話し合っておきましょう。
先輩ママからアドバイス
これからどんどん体が重くなるので、今のうちに出産・育児に必要なものを買いそろえておこう。

妊娠後期

8か月
(28〜31週)

出産が経済的に困難な場合は、入院助産制度が利用できる場合があります。ひとりで悩まず相談窓口に相談しましょう。

9月
(32〜35週)
10か月
(36〜39週)
先輩ママからアドバイス
陣痛が起きた時の家族への連絡や入院先への交通手段などを確認しておこう。

出産

子育て応援情報

「ふわっと」をシェアしよう
  • つぶやく